Gyakutai no Ie Gyakutai saretuzuketa Kodomojisin niyoru Kiroku Kyouno Yuki

ISBN:

Published: January 6th 2015

Kindle Edition

212 pages


Description

Gyakutai no Ie Gyakutai saretuzuketa Kodomojisin niyoru Kiroku  by  Kyouno Yuki

Gyakutai no Ie Gyakutai saretuzuketa Kodomojisin niyoru Kiroku by Kyouno Yuki
January 6th 2015 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | 212 pages | ISBN: | 9.45 Mb

昭和三十年代初頭、一人の少女が、両親の親権を巡っての争いに巻き込まれる。父が自分に執着しているのを知りながらも、家裁で、どちらの親と一緒に暮らしたいですか?と裁判官に問われ、少女は法廷で、「お母さん!」と叫んでしまい、母を選んでしまう。父は木橋まで少女と歩くが、木橋の欄干の外に少女を突き出し、首を絞める。父を裏切ったのだから仕方がないと抵抗を諦めた時、手が緩められ抱き締められる。そして泣いている父と木橋で別れる。しかし、母とようやく二人で暮らせると思った時、母にはもう男がいた。More  昭和三十年代初頭、一人の少女が、両親の親権を巡っての争いに巻き込まれる。父が自分に執着しているのを知りながらも、家裁で、どちらの親と一緒に暮らしたいですか?と裁判官に問われ、少女は法廷で、「お母さん!」と叫んでしまい、母を選んでしまう。父は木橋まで少女と歩くが、木橋の欄干の外に少女を突き出し、首を絞める。父を裏切ったのだから仕方がないと抵抗を諦めた時、手が緩められ抱き締められる。そして泣いている父と木橋で別れる。 しかし、母とようやく二人で暮らせると思った時、母にはもう男がいた。後に義父となるその若い男は、裏表のある嗜虐的な性格の持ち主で、母に気づかれぬように少女を睨み、母が入浴している最中、まだ流しに手が届かぬ六歳の少女に踏み台を持って来させ、食器洗いをさせる。それが長く続く虐待の始まりだった。あれだけ一緒に暮らしたかった大好きな“お母さん”は、夫が我が子に暴力を加えるのを平気で黙認する共犯者へと変貌してしまう。やがて弟が生まれると、家事はこなせないほど多くなっていく。母はもう味方ではなく、義父の暴力はより激しさを増していく。学校は唯一の息抜きの場だったが、それさえも母の腰痛や



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "Gyakutai no Ie Gyakutai saretuzuketa Kodomojisin niyoru Kiroku":


studioangel.com.pl

©2013-2015 | DMCA | Contact us